--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~雨~

2010年06月28日 18:16

こんにちわ、さとしです☆

ぐずつくお天気の中、みなさんはいかがお過ごしですか?

雨の日はいろいろと大変ですね・・・
洗濯物も乾かないし、靴やズボンの裾は濡れるし、
歩くときは、バッグと一緒に傘を持たないといけないし、
髪は湿気でうねるし、車の運転は普段よりも慎重に、
さっきは雷が遠くでなっていました。

いろいろといやな面はありますが、
僕はどちらかというと、雨は好きです。

雨が降る夜は、雨音が子守唄になって、ぐっすり眠れるんです。
雨音はショパンの調べっていいますよね☆
ざーっと降る雨の音は、なんだか落ち着きます。

二年くらい前に、NHKで、大台ケ原の特集をやっていました。
みなさん大台ケ原はご存じですか?
三重県と奈良県のあいだくらいにある山なんですが、
屋久島と並び、なんと日本で最も雨の多い場所らしいんです。
たった一日で、東京の一年分くらいの雨が降ったこともあるんですよ。
テレビでは、ざーっというよりも、ゴーっという感じで降っていました。

人間の住む街中で、そんな大雨が降ると、大変な災害につながりますが、
その大台ケ原は、とっても神秘的なんです。

大雨が降る中、そこには大きな湖があるんです。
その中で、普段みれないような変わった生き物が住んでいるんです。
水もとっても澄んでいて、草や魚も、はっきり見えるんです。

やがて雨もあがり、時間がたつと、だんだん湖の水かさが減っていき、
水がなくなると、緑いっぱいの綺麗な草原がでてくるんです。

もともと湖があるのではなく、激しい大雨によって創り出されたものだったんです。
なんだか、素敵じゃないですか?

大雨が降る、大台ケ原だからこそ、その雨を利用して生きていける生物もいるんです。

やっぱり、自然ってすごいなあって思いました。
植物も、小さな小さな生物も、自然の流れとうまくやっていきながら、
生きているんですね・・・

ざあざあ雨が降っている今も、
僕たちの見えないところで、あらゆる小さな生き物の生活が潤っているんです。

そう思うと、雨も悪くないでしょ?
雨が降る日は、そんな草木や虫たちの事も、ちょっと思い出してあげるのも、
いいかもしれませんね☆

とはいえ、足元は大変すべりやすく、視界も悪いです。
事故やけがには、十分気をつけてくださいね☆


さとし
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coachesstuff.blog109.fc2.com/tb.php/110-88589a67
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。